<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< おめっとー | main | 転職したどー(おそっ! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |

一つの物語の終焉



衛星都市イズルート 剣士ギルド

ボクがRagnarok Onlineを始めて最初に降り立った場所。
ボクのROはここから始まりました。



イズルートを出たMAPでポリンを必死に叩いていました。
そんな時にある人と出会い、ROの用語やスキルの説明、マナー等を教えてもらいました。
そして別な人とも出会い、Gにも加入しました。

その頃はただ狩りが楽しくて、ずっと狩りばかりしていた気がします。

そして剣士へ。

剣士になった後も、純粋に狩りを楽しんでいた。

そしてついに二次職へ転職。



迷わずクルセイダーに転職した。
公式HPの紹介文に心惹かれるものがあったから。

目指していたのは献身型クルセイダー

でも、だんだんとLvが上がりにくくなっていった。
自分が四苦八苦している相手をものの数秒で倒していく他の人達。

やる気がなくなった。

そして、他のキャラをやり始めた。



モンク



騎士



ローグ



他にもたくさんのキャラをやった。


でも、それでもやっぱりボクはまたクルセイダーに戻ってきてしまう。




だって好きだから。





「ソードマンの上級職。せまりくる聖戦において ルーンミッドガッツ王国を防衛する役目を負っている。
主にプロンテラ大聖堂とプロンテラ王城において転職試験を受けることになる。神の加護をうけているクルセイダーはアコライトの一部スキルと盾を使ったスキルが特徴的だ。高い防御力を持っているので仲間を護る場面が多いだろう。」>RO公式HPより

この紹介文が大好きだから。



主役になんてなれなくていい。


そんなものは他の職に譲ってやる。


ボクがなりたかったものは────





「後ろはあいつに任せておけば大丈夫だ」



そう他の人に思ってもらえるような──



そう




ボクは───









「縁の下の力持ち」になりたかった。







主役をさりげなくサポートする。そんな存在になりたかった。


何度も悔やんだ。

何で自分はこんなにも敵を倒せないんだろう。と

でもその度にこの想いを思い返した。

自分がなりたかったのは主役じゃないだろう?と。




この想いを胸にボクは今日まで頑張ってきた。

そして今日、ボクはLv99になりました。



これは決してボク一人の力でできたものじゃない。

一緒に狩りに行ってくれた人、ボクの愚痴を延々と聞いてくれた人。

そんな人達全てのおかげで、ボクはこうして光ることができた。

その人達にはどんな感謝の言葉でも表せないくらいの気持ちでいっぱいです。

だから、ただ一言だけ言いたいと思う。











     ありがとう






と。



 

| RO | 14:30 | comments(6) | trackbacks(0) | |

スポンサーサイト

| - | 14:30 | - | - | |

Comment

なむた発光おめでとう!!
発光式いけなくて超残念だったー ・゚・(ノД`;)・゚・
私がINしたときにはもう転生しててなむたのオーラ姿みれんかった(苦笑
残念・・・( ´・ω・)
転職大変かと思うけども、早く純さんとパラデョンズ(?)になってねwサクリ期待age!!

| KIRI | 2006/06/26 1:24 PM |

ちくしょうっ!!
感動しちまったじゃまいかヽ(`Д´。)ノ

| 悠 | 2006/06/26 7:06 PM |

感動するよねw
最後よくがんばった!おめでとう(*´¬`)

| あこ | 2006/06/27 11:50 AM |

なんかすげー懐かしいな!
昔のAGI金剛とかでエドガMAPいって死んだのとか
俺の変な殴りプリと鉱山3とかいっての覚えてるぜ
何度か献身をけしたりやめたりしたけど
南無ちゃにはクルセが似合ってたぜ!
パラになっても諦めるなよ!

| 相沢祐一 | 2006/06/30 7:38 AM |

ったく、カッコいいじゃねーか

おめでとう
背中は任せた

| Void | 2006/07/01 3:54 AM |

ちょっとかっこいいなww

| kuzira | 2006/07/03 3:38 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://namu3.jugem.jp/trackback/22

Trackback